🍁社会人留学生が通訳になるまでの軌跡🍁

カナダに社会人留学中です* 現地での生活についてつづります。

【カナダ留学】21〜23日目:憧れの人と偶然にも三度遭遇する

みなさま こんにちは。

 

 

以前は1日1記事投稿していたブログも、まとめて数日分を集約する癖がついてしまった私です。

 

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

さて、前回は、「憧れのバスケ選手と2回も偶然すれ違ったのに、勇気の欠如で声をかけることができず激しく後悔した話」を記事にしました。

 

 

「昨日も一昨日もたまたま会えたのだから、今日も、もしかしたら再会できるのでは?」と調子に乗り始めた3日目は何も起こりませんでした。

 

 

それから、迎えた4日目。

 

いつものように図書館で勉強していて、ふと顔をあげると、斜め前の机にポツネンと放置されたスポーツバッグ。

 

そして、そのカバンの横にはバスケットシューズ。

 

 

「スポーツ選手が図書館にいるなんて珍しいこともあるんだな」と思いつつ(偏見)、「はぁ、ここで再び、憧れの選手が登場したら本当に奇跡やな〜、でも、あのシューズ履いてるところ見たことないし、違う人やろうな、さぁ、勉強に集中集中!!」と、教科書に目を移そうとした瞬間、カバンの持ち主登場。

 

 

まさかの憧れの人!!!!!!!!

 

なぜこんなところにいる(偏見)!!!!

 

こんなに良くできたシナリオ、見たことがない。

 

 

ただちに、「今日こそ話しかける!絶対!!」と強く決意。

 

 

ターゲットは席に戻ってきた後、ドーナッツを持って再び机を離れたので、「次に席に着いた瞬間に声をかけよう」と自分に言い聞かせました。

 

 

しかし。

 

15分経っても、30分経っても、45分経っても戻ってこない。

 

 

ついには3時間経過。

 

 

「どんだけゆっくりドーナッツ食べてるねん!!!!」

 

 

次の授業に向かう時間が迫っていたので、「今日はここまでか」と思い、一旦、お手洗いへ行こうとしたら、室内のパソコンで作業している選手を発見。

 

 

ここにいらっしゃいましたか!!!!

 

 

 

私にもう迷いはなかった。

 

運良く、たくさんパソコンが並ぶデスクの端に座っておられたので、隣の人に迷惑をかけることなく声をかけられそう。

 

イヤホンを耳にさしてたけど、片耳だけだったので、「勇気を振り絞って話かけた割に声が届いていなかった」などという虚しい状況になる心配もなし。

 

 

渾身の力を振り絞って、「ちょっとすみません、〇〇さんですか?お聞きしたいことがあるのですがよろしいですか?」と尋ねました。

 

そしたら、ものすごい笑顔で即座にイヤホンを外して「もちろんさ、どうしたの?」とリアクションしてくださりました!涙

 

 

「あなたのパフォーマンスにいつも感動していて、次の試合の予定を教えてほしくて声をかけました」と拙い英語で伝えたら、丁寧にスケジュールを教えてくれて、「どこから来たの?なんでカナダを選んだの?ホームシックになってない?」など、色々と聞いてくださり、見ず知らずの怪しい女と、私が想像していた10倍以上のボリュームの会話をしてくださりました。

 

 

挙句の果てに、連絡先を教えてくれて、今ではまさかのメル友です。

 

今まで経験した中で、一番と言っても過言ではないくらいアメイジングな経験です。

 

 

 

初日と二日目は何もできなかったけど、勇気を振り絞って行動して、本当に良かったです。

 

それと同時に、幾つもの奇跡の連続に感謝した1週間でした。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!