🍁社会人留学生が通訳になるまでの軌跡🍁

カナダに社会人留学中です* 現地での生活についてつづります。

【カナダ留学】11日目:政府のホームレス支援

みなさま こんにちは。

 

 

自分の英語力の低さに落ち込んでいたら、読者様や友人から励ましのメッセージをいただき気力を取り戻しました。

 

「自ら留学することを選んだにも関わらず、滞在10日で心が折れるとは何事だ」という感じなので、これから泣き言をいうのは1ヶ月に一回くらいにします(頻度の問題にする人)。

 

 

さてさて、本日はカナダのホームレス事情について、備忘録です。

 

 

バンクーバーへ行った際、ホームレスがあまりにも積極的に、食べ物やお金を要求してきたことに驚いた経験があります。

 

(日本のホームレスのイメージは、「道路にただ座っているか横になっている、もしくは空き缶回収」をしている)

 

 

そんな話をホストファミリーとしていると、「カナダ政府のホームレス支援」について教えてくれました。

 

①ホームレス専用の募金窓口がある

②ホームレス専用の無料シェルター(宿泊施設)(風呂つき)がある

③サンクスギビングデーやクリスマスには、ターキーとケーキを食べるホームレス

④ヒッチハイクするホームレス

⑤「食べ物あげる」と言ったら、「食べ物じゃなくて、お金をくれ」と言うホームレス

 

話を聞いて分かったことは、「政府も住民も、ホームレスに対してめちゃめちゃ寛容で協力的だな」ということです。

 

⑤の「食べ物じゃなくて、お金をくれ」と言うホームレスに関しては、「わがまま言うな!」の一言に尽きますが、そのように主張する人は、お金をもらって麻薬やアルコールを買いたい人達だそう。

 

 

スーパーの前などに「食べ物の寄付BOX」があるので、「近くのスーパーまで乗せてくれ」とヒッチハイクするホームレスもいて、しかも、高確率で拾ってもらえるそうな。

 

 

サンクスギビングデーやクリスマスには、BOX に七面鳥やケーキが寄贈されるので、普通に季節の食事を楽しめるという。

 

なんと贅沢な暮らしぶり!!

 

 

金銭的な援助はあるわ、無料の宿や食事もあるわ、で労働意欲がない人は、ますます働かなくなりそうですね!

 

 

他にも色々教えてくれたのですが、一度で英語を聞き取れずに何度も聞き返してしまい、それでも5回に1回くらいは分かってないのに分かったフリをしたため(悪い癖)、ここに書いている倍の量の情報がそこにはありました。

 

 

あと、「日本はどう?」と必ず聞かれるので、誤った知識を伝播してしまわぬよう、「日本を代表して彼女たちと会話している」ことを忘れずに日々を過ごして行きたいと思います(真面目な性格)。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!