🍁OLが海外留学を実現するまでの軌跡🍁

留学準備中のOLです* 本📚 食べ物🍦 留学準備✈ 旅 についてつづるブログ。

【しるし書店】1,300円で購入した本が3,000円で売れました。

キングコングの西野亮廣さんが形にしてくださった「しるし書店」。

 

一言で表すと、「携帯アプリ上で、本の売買ができる場(2018年3月上旬時点)」です。

フリマアプリ(メルカリなど)の、「本に特化したバージョン」とお考えいただくと分かりやすいかもしれません。

 

この、「しるし書店」の何が素晴らしいかというと、今までブックオフなどの古本買取屋さんに出すと「キズ本」として扱われていたものが、「むしろ価値あり」の貴重な物として販売できるところです。

 

読書の際につけたふせんや、アンダーライン、メモなど、持ち主のつけた「しるし」が唯一無二の付加価値となります。

 

応援している芸能人や好きな人、SNSでフォローしている人が、その本を読んで何に感銘を受けたのか、どこを重要と考えたのか、知ることができたらおもしろいですよね。

 

 

私はここで、読み終えた1,300円の本を3,000円で買っていただくことに成功しました。

 

しるし書店markingbooks.otogimachi.jp

 

出品1時間ほどで「買いたい!」という方が出てきてくださり、自分でも驚きました。

 

いままで仕事の営業で数々の物を売ってきましたが、物が売れてこんなに嬉しかったのは今回が初めてかもしれない。(上司には言えない)

 

満足していただけるといいな。

(お金のやり取りは運営会社が管理してくださりますが、発送作業は郵便局や宅配業者を使って、一から自分でやります。)

 

 

スポーツが得意な人は、プロスポーツ選手。

おかし作りが得意な人はパティシエ。

 

では、読書が好きな人は?

 

これからは、読書が仕事になるかもしれない、読書家が職業になるかもしれない、そんなワクワクする可能性を秘めています。

 

本が大好きな人にとっては、とても魅力的な世界ではないでしょうか。

本当に、キングコングの西野さん、最高です。

 

chii0929.hatenadiary.com

 

 

私もまだまだ、しるし本を届けようと思います*

 

みなさんもご興味があれば、ぜひ無料アプリをダウンロードしてみて下さい(回し者ではありません)^^