🍁社会人留学生が通訳になるまでの軌跡🍁

カナダに社会人留学中です* 現地での生活についてつづります。

【日々のこと】近頃の若いモンと接した話

みなさま こんにちは。

 

私は先日、世のおじさま達の「最近の若いやつは、まったくもう」という語り草対象となる典型例のような大学生と接した。

 

なんだか色々と差異を感じたので、ここで発表させていただく。

 

 

久しぶりの若者!

年齢はひと回りほど下である。

 

まず、骨格が違いますね!

顔が小さい!アゴがシャープ!

目もクリクリしている!!

 

これから数百年をかけて、人間の顔は、宇宙人のように細いアゴ、大きな脳、グリグリの目に進化する説がある👽

 

 

外見はさておき、そのマインドにも異なる点があった。

 

最近の若者は、とにかく自由を愛する精神が半端ではない!!

 

 

就職活動をして当たり前の時代は、もう終わったらしい。

 

お金を稼ぐことはどうでもよくて、それよりも自由な時間が欲しいから、定職にはつきたくないそうな。

 

私は、学生の頃からお金稼ぐのめちゃめちゃ好きだったけどな〜。

 

 

試しに、「私は若いうちに貯金して、老後の備えもしておきたいんだけど、そんな風には考えない?」と尋ねてみた。

 

すると、若者は答えた。

 

 

「いや〜、考えないっすね。お金がなくても不安はないです。」

 

「最近、マクドとかミスドでも、おじいさんとかおばあさんがよく働いてるじゃないですか。」

 

「だから、最悪、老後はマクドとかミスドでバイトします。」

 

 

 

最悪、老後はマクドかミスドでバイトだと!?

近頃の若いモンは、ったくもう!!

 

「年収1,000万が目標です!」

とか、

「夢は、いつか起業することっす!」

とか、ないの?

 

なぜにそんなに無欲!!

 

 

現役時代にがんばったら、引退してからも、企業顧問とかフリーランスで活躍できるじゃん?

 

マクドとかミスドでいいの?

 

はたまた、何十年も無職で年金生活でもいいの?

 

もちろん、企業顧問が良くて、マクドや年金生活が悪いということはない。

 

 

ただ、マクドとかミスドのおじいさんおばあさんも、老後に活かせるスキルや経験の積み重ねがあれば、別の働き方を選んでいたのではないかと思うのです。

 

結果として、ファーストフード店に流れ着いただけでは?

 

 

私は是非とも、おばあさんになっても、好きな仕事をフリーランスで続けていたい。

 

繰り返しますが、マクドで働くおじいさんおばあさんを批判したい訳ではない。

 

でも、自分がマクドで働くおばあさんになりたいか、フリーでバリバリ仕事を継続するおばあさんになりたいか、現役のうちに設定しておくことが大切だと感じた。

 

ゴールをどこに設定するかによって、現役時代の過ごし方が変わるはずだ。

 

そんなことを、先般の大学生とのやりとりを通じて考えた。

 

 

この大学生の老後の姿を見てみたいものである!

果たして本当にマクドで働いているのか。

 

いろんな人生観があっておもしろいと思いました。

 

 

おしまい。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!