🍁OLが海外留学を実現するまでの軌跡🍁

留学準備中のOLです* 本📚 食べ物🍦 留学準備✈ 旅 についてつづるブログ。

【旅】身軽でいることが好きです。

自分史上最高を目指すみなさまへ

 

 

本日は「ミニマリストが旅に出るとどうなるか」についてお伝えいたします。

 

ミニマリストとは、持ち物や身の回りの物を、必要最低限に減らす人のことですね。

過去の記事でも少しご紹介させていただきました。

chii0929.hatenadiary.com

 

 

ミニマリスト精神は海外旅行の際にも、遺憾なく発揮されます。

 

カナダ、フランス、アメリカへ行った時も、それぞれショルダーバックとリュック一つで向かいました。

 

「えぇ!?荷物それだけ!!?」と同行者を驚かせることがやみつきになってきて、それが旅の醍醐味、的な要素もいよいよ出て参りました。

 

心境的には、「パスポートと携帯とお金さえあれば、何か忘れても現地調達したらいいか」の精神ですが、結果、服は毎日変えてるし、忘れ物して困ったこともない。

同行者に「ちょっとそれ貸してくださいな。」となったこともない。

 

重いキャリーケースを引きずり回さなくて済むし、空港のベルトコンベアのターンテーブルみたいなところで、いつ出てくるか分からない自分の荷物を待つ時間もカットできる、タクシーへの乗り込みもスイスイで本当に快適なんですよ。

 

 

ただ。

唯一、つまずいてしまう場面があります。

 

それは、各国の入国審査のありとあらゆる検問で、怪しまれる。

屈強なガードマンから綺麗なお姉さん、空港で働く様々な人から、不審者を見つめる眼差しを向けられる。

 

ある時は、「ロストバゲージ??」と、キャリーケースをなくした人扱い。

 

そしてまたある時は、「なぜそんなに荷物が少ないんだ!!」と運び屋の可能性を疑われ、「I’m a ミニマリスト」と答えるも通じず、豪快に流されて、やるせない気持ちに。

 

極め付けは、「先にここを通過したボーイフレンドが、君の荷物を持って行ったんだよね?」と確認され、「いいえ、ボーイフレンドはいません。」と、無駄に、忘れていたかった現実を思い起こす羽目に。

 

あ。あと、お土産を買うと帰り道はだいたい手荷物が増えてしまいますね。

お買い物好きな方はやはり、スーツケースが必要ですね。

 

 

いま私は留学準備期間で、マンションもそのうち退去する予定です。

最終的には、渡航に不要なものは売ったり処分するなどして、部屋全体の荷物をスーツケース1つ分に縮小化したいと思っています。

 

高城剛さんの、「行動力やその瞬発力を高めたり、世界のどこででも生きられるようになるためにはとにかく、身軽でいることが大切だ」という言葉は、いまでもお気に入りです。

 

chii0929.hatenadiary.com

 

 

会社の最終出勤日まであと101日、日本出国まで残り116日✈︎

 

あとで焦らずに済むように、少しずつ準備を進めていきます。

 

 

 

マスカットジャスミンティーとティラミスケーキ♪

f:id:chii0929:20181022135214j:image

〈ハーブス 大丸京都店〉さん

京都市下京区四条通り高倉西入ル立売西町79 大丸京都店 3F

TEL:075-288-6597

 

本日も記事をお読みいただき、ありがとうございました。