🍁OLが海外留学を実現するまでの軌跡🍁

留学準備中のOLです* 本📚 食べ物🍦 留学準備✈ 旅 についてつづるブログ。

【旅】パリのここが好き

そんなこんなで、タクシーでぼったくり被害に遭いかけたり、貴重品がスられかけたパリですが、もちろんお気に入りポイントもございます。

 

まずは、なんといっても、パリは日が長い!

私が訪れたのは、9月初頭でしたが、夜20時でもこの明るさ!

 

f:id:chii0929:20180913151316j:image

almost noon!! あらため、ほぼ昼!です。

 

 

17時頃の日暮れにでも遭遇しようものなら、「あぁ、今日も1日が終わる•••」と感傷的な気分になりますが、こういつまでも明るいと「まだまだ夜はこれからだぜぃ!」と、今まで全く使いどころがなかったセリフが、自然と頭をよぎります。

 

f:id:chii0929:20180913152138j:image

シャンドマルス公園でピクニック。

この日の我々の髪型は、まるで申し合わせたように同一であった。アゲである。

 

 

そして、シテ島まで1時間ほど歩き(メトロで行こうとして切符買って電車乗るまでしたけど、乗り換え駅でつまづき、元来た道を戻って結局地上に出た。謎の15分間であった)、サントシャペル教会へ。

 

f:id:chii0929:20180913152725j:image
f:id:chii0929:20180913152728j:image

あの、薄々思ってたんですけど、私って、素人のわりには、あくまで素人のわりには、ですよ?なかなか写真撮るのうまくないですか?(ボソッ

 

 

f:id:chii0929:20180913152846j:image

おしゃれ床です!!!!

 

ヨーロッパ建築的な外観しかり、こういう美しい景観が身近な存在、というところも、うらやましいポイントです。

 

 

f:id:chii0929:20180913153141j:image

こちらは、ルーブル美術館所蔵の「民衆を導く自由の女神」

個人的には、モナリザよりもこちらが目当てでした。

 

自由の女神の右側で銃を持っている少年は、レミゼラブルに登場する浮浪児ガブローシュのモデルになったのでは?と噂されております。

 

 

f:id:chii0929:20180913153417j:image

それからそれから、「ナポレオンの戴冠式」

右側にカップル、左側にもカップル、絵画の前にも2組のカップル。

 

仲睦まじく同じ絵画を鑑賞する2人の後ろ姿は、とても印象的でした。うらやましいです、心の底から。

 

ルーブルは、曜日によっては21:45まで開館しています。

私は関西空港からエールフランスで、16:00頃にパリ着、という行程でしたが、運良くレイト営業の日で、初日にサクっと鑑賞することができて、時間をうまく使えた気になりました。

 

でも、本当に所蔵数が多いので、ゆっくりと丁寧に鑑賞されたい方は、別日で鑑賞日を設けられるのが良いかもしれません。

 

サクッと派の方は、事前に「この作品は一目見たい!」というのをリストアップされてから訪問されることをおすすめします。

 

 

そうそう、シテ島に行った際には、ノートルダム大聖堂へも行きました。

 

f:id:chii0929:20180913154755j:image

最後の審判(天国行きか地獄行きか、魂の重さで決められるやつ)!

 

f:id:chii0929:20180913154855j:image

やっぱり私って、どう考えても、素人のわりに写真撮るのう(以下割愛

 

f:id:chii0929:20180913154644j:image

聖堂外にお馬さん!私も乗馬したい。私も乗せてー!

 

f:id:chii0929:20180913155113j:image

 

f:id:chii0929:20180913154004j:image

 

以上、大聖堂の屋上からお届けしました。

 

(少しでもパリの魅力が伝わっていれば嬉しいです^^)