🍁OLが海外留学を実現するまでの軌跡🍁

留学準備中のOLです* 本📚 食べ物🍦 留学準備✈ 旅 についてつづるブログ。

別れた恋人との向き合い方(フられた側の立場にいるケース)

みなさんは、恋人から別れを切り出されてお別れした後に、その人と引き続き連絡を取り合ったり、一緒に食事をしたりすることはあるでしょうか。

 

私はないです(誰にも聞かれてないのに回答しちゃう)。

 

連絡を取ることはおろか、写真、LINEのやり取りは全て消去。

プレゼントにもらった金目のものは質屋に入れ現金化(ひどい!)。

元カレの誕生日なんて今となっては、どう頑張っても思い出せません。

 

去る者は追わない主義です。

追ったところで逃げられるか、都合のいいように扱われるだけだと思うからです。

 

「一度は、縁あって人生を共に過ごした人なのに薄情な!」とお思いかもしれません。

 

でも、あなたの魅力を分かってくれない人はきっと、今のあなたには必要のない人です。

 

 

そうそう。

私の統計上、彼女をフった立場の男というものは必ず、「久々にご飯いこう!」などと、連絡をしてきます。

そして、「(別々の道を歩むことを選んだのはそちらではないか!)断る!」と告げると、決まってこう言います。

 

「俺のこともう好きじゃないん?」と。

 

そして、私はこう思います。

 

「いつまでもお前のことを好きでいると思うなよ^_^ ?」(ひどい!)

 

 

やはり、フられるというのは悔しいもので、寂しいものです。

どうしてもフった側が優位な立場になりがちです(本人も無意識かもしれません)。

あなたが男女の友情はあると思っていても、相手はそうは思っていないかもしれません。

 

だいたい、別れてから良好•健全な関係を築けるくらいなら別れていないと思います。

 

別れたばかりの時はその寂しさが一生続くような気がして、落ち込みます。

 

でも案外、1人になるのも楽でいいもんです。

今まで、彼氏に気を使って我慢していたことや、できなかったことを気がねなくやってみるといいと思います。

 

何より、自分のことを捨てた人にしがみ付く己の姿を想像すると、とてつもなくダサい!マヌケヅラ!

プライドを強く持って!

 

「別に、絶対に君じゃなきゃいけないわけじゃないの。」くらいの、毅然とした姿がかっこいいです。

実際に、その人と付き合ったのは、「自分の手の届く範囲にたまたまその時、その人がいた」というだけのことだと思います。(今日は終始、薄情なヤツ感すごい)

 

恋愛が人生の全てではないのだ。

恋人がいない時期も、全力で将来の自分のために生きられる人が最終的に大きな幸せを手にできるのだ!

 

(自分のレベルが上がれば、次の恋人となる人のレベルもグンと上がるのではないかなと思います。)

 

大丈夫だから元気出して!

f:id:chii0929:20180117000028j:image

 

 

おしまーい*