🍁OLが海外留学を実現するまでの軌跡🍁

留学準備中のOLです* 本📚 食べ物🍦 留学準備✈ 旅 についてつづるブログ。

【英会話スクール選び】先生はネイティブor日本人?レッスンはグループorプライベート?おすすめは??

「英会話スクール、どこに通おうかしら?」という方、「英語興味ない、ネットサーフィン中にここにたどり着いただけですけど!ふん!」という方、みなさんこんにちは。

 

英会話スクールにも、先生がネイティブの外国人だったり日本人だったり、はたまた、グループレッスンだったり個人レッスンだったりと複数のプランがありますね。

 

今回は、様々な英会話教室を練り歩いた私が思う、スクールを選ぶ際のヒントをご紹介いたします。

 

まずは、英語を勉強する目的から探ります。あなたは何のために勉強するのでしょうか?

 

日本で受ける資格や試験の対策でしょうか?

それとも、仕事や留学・旅行などで外国人とコミュニケーションを取れるようになることが目的でしょうか?

 

資格や試験対策の場合は日本人の先生がおすすめです。

 

例えば、問題集を解いていて、回答を間違えた時に解説をしてもらう場合。

外国人先生自身は英語が使えて当たり前なので、我々日本人がなぜそのような誤回答をするのか、どういった考え方でそのような回答になったのかに共感しづらいです。

一方、日本人先生は、こちらが間違えた理由に共感しやすいので「ここは間違えやすいけど、こういう考え方で答えはこっちになるんだよ。」という、教え方ができます。

 

逆に、外国人とのコミュニケーションを目的に勉強する場合は、外国人先生がおすすめです。

なぜなら、日本人先生は現地で使われているネイティブの表現を知らない可能性が高いからです。

私は普段、外国人の先生に英語を教えてもらっているのですが、学校や塾で習ってきた表現に対して、「ネイティブはそんな言い方しないよ?」と指摘されることが何度かありました。

 

なお、先生選びで最も注意すべきことは、その先生は「人に言語を教えるための訓練を受けているのかどうか」ということです。

 

「英語を話せる」ということと、「人に教えることができる」こととは違います。

 

「オタク文化に興味を持って日本に来た。英語の先生かぁ〜楽しそうなアルバイトだな!」という先生と、「日本人に英語を教えるのが夢で、母国で教授法を勉強して日本へ来た!」という先生では、授業のクオリティに差があります。

 

その点については、各スクールHPの先生紹介ページや、先生の採用ページで、どのような人を募集条件にしているのかを見てみると良いと思います。

 

次に、グループレッスンorプライベートレッスン論争ですが、これはもう、激しくプライベートレッスンをおすすめします。

 

グループレッスンのデメリットは複数の生徒が参加しているため、プライベートレッスンと比べて、自分が発言できる時間が短くなってしまいます。

また、会話中に分からないことがあっても「全体のテンポを乱してしまったら悪いな」とか、「これ分かってないの自分だけなんかな」などという、控えめな感情で遠慮してしまい、質問せずにスルーしてしまいがちです。

 

「は?遠慮?するわけないやん?」という屈強なハートの持ち主様はグループレッスンでも良いかもしれませんね。

グループの良い部分は「そういう表現方法もあるんだな」と、自分とは違う言い回しを他の生徒さんの発言から知ることができたり、レッスン料がプライベートよりも安いことにあると思います。

 

以上が、大まかなポイントです。

あくまでも、私の体験と感覚を元にしたおすすめですので、気になるスクールがあれば、ぜひ体験レッスンを受けていただきたいです。

 

ネイティブの先生とひとくくりに言っても、アメリカ、イギリス、オーストラリア出身など、多数の先生がいて、テンションや言葉のなまりも様々です。 

 

自分に合うクラスと合わないクラスを、上記でご説明したような観点からご判断いただけると嬉しいです。

 

今回の記事は高城剛さん著の「21世紀の英会話」という書籍も参考にさせていただきました。

👇

 

21世紀の英会話

 

 

これからも英語を楽しんでいきましょう*

最後まで読んでいただきありがとうございました**