🍁社会人留学生が通訳になるまでの軌跡🍁

カナダに社会人留学中です* 現地での生活についてつづります。

【カナダ留学】26〜30日目:毎日の授業で嫌悪感を覚えること

みなさま こんにちは。

 

大学生活もあっという間に2週間が過ぎ去りました。

このタイミングで、「あること」が明らかになってまいりました。

 

 

 

「授業に遅刻してくる人、いつも同じヤツ」

 

 

 

この遅刻魔は中東エリア出身の男性なのですが、脚色や誇張なしで、リアルに毎日15分ほど遅れてくる。

 

そして、先生が熱心に解説中にも関わらず、「グッモーニング!!」と大声を張り上げて教室に入ってくる。

 

 

私ははっきり言って、この行為に嫌悪感を覚える(はっきり)。

 

 

すでに授業は始まっているのだから、進行を妨げないでほしい。

 

 

もしも私が遅刻した側の人間ならば、ドアの開閉は音を出さないように細心の注意を払うし、抜き足差し足忍び足級のサイレントモードで自席に向かうだろう。

 

もちろん、大声で挨拶したりもしない。

「寝坊しちゃいました、すみません」と目配せする程度で済ませるだろう。

 

なぜなら、それがきちんと定刻で行動している先生と他の生徒さんに対するマナーだと思っていたから。

 

 

また、この遅刻魔はテストの日でさえ、開始時刻になっても姿を現さない。

 

 

私は思った。

 

 

「はっはっは!今日も15分の遅刻ですか?そんなことじゃあ、解答時間が足りずに、最後まで問題が解けないんじゃないですか?テストで最低点数を記録して、日頃の怠惰を反省するがいい!!」

 

 

 

しかし、現実は異なっていた。

 

 

 

先生「告知していたテスト開始時間になりましたが、生徒が一人足りないようです。全員揃うまで待ちましょう。もしかしたらバスに乗り遅れたのかもしれません。」

 

 

 

はい????

 

パードゥン????

 

アーユー シリアス???

 

本気ですか???

 

全員揃うまで待つだと????

 

 

 

こっちは、雪でバスが遅れることをあらかじめ予測して、いつもより早く家を出てんだよ!

 

だいたい、いい年した大人が、たった15分ですら前倒し行動できないなんて、どんだけタイムマネージメント力不足なんだよ!!

 

遅刻魔よ!貴様は時計持ってんのか!!!!

 

なんでいつも平気で遅刻してくるやつのペースに合わせにゃならんのだ!!

 

憤慨!!

 

 

 

そして、時間にルーズな者へも優しい先生の恩恵を受けた遅刻魔は、みんなと同じタイミングで問題を解き始めることができ、余裕でテストに合格したのであった。

 

 

お前は一度、日本に来て、時間を守ることの大切さと、他人の時間を浪費することの罪深さを学べ!!!!

 

 

私はなんでこれほどまでに怒っているのか若干分からなくなってきましたが、あまりにも違和感があったので授業が終わった後に先生に尋ねてみた。

 

 

「遅れてくる生徒のペースに合わせるのが先生にとっては標準なんですか?ちなみにこれはクレームではなく、素朴な疑問です」と。

 

 

すると先生は以下のように答えた。

 

 

「君の気持ちは分かるよ。カナダもどちらかというと、アジア圏と同じように時間に厳しい方だからね。でも、このクラスはインターナショナルだから、いろんな国民性の生徒がいるんだ。時間遵守するようにしつけられてきた人間もいれば、そうでない人間もいる。それに、遅刻の理由は寝坊とは限らないしね。もしかしたら家の事情で、どうしてもその時間にしか家から出発できないのかもしれない。僕にとっても非常に難しい決断なんだよ。」

 

 

きっと、私が遅刻して、挨拶もせずにソロリソロリと無音で席に着いたら、奇妙に思う人もいるんだろうな。

 

 

異文化はおもしろさがあると共に、妙な気持ち悪さもあると感じた1週間でした。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com

【カナダ留学】24〜25日目:大学の授業の様子

みなさま こんにちは。

 

 

大学に通い始めて1週間が経過しました。

日本で授業を受けていた時とは異なる点がいくつかあるので、備忘録です。

 

 

まず、圧倒的に、板書時間が短いです!!

 

一応、教室に黒板ついてるけど、あまりにも使わなさすぎるため、ほとんどただの壁状態です。

 

 

その代わりに、先生がスクリーンに投影してくれた情報を見ながら、先生と生徒の会話で授業が進行します。

 

この方法だと、先生が黒板に文字を書くのを待つ時間が短縮されます。

 

一生懸命に板書をしている隙に先生が言った大切なことを聞き逃して、「ねぇねぇ、先生いま、なんて言った?」となることもありません。

 

ノートを取る作業がなくなると、聞くことと考えることに集中できるので、「今日も勉強したな」感(語彙力低)で満たされます。

 

 

また、特筆すべきは、生徒が発言する時は挙手制ではないこと。

 

最初の授業で、手を挙げて答えようとしたの日本人の私だけだった!!

いつだって律儀なジャパニーズ!!

 

 

アイデアが思い浮かんだ人からどんどん回答するシステムなので、みんな、1分1秒を争って「我先に」と発言します。

 

 

それから、生徒が回答した後の先生のリアクションも面白いです。

 

 

「グッド」、「ベリーグッド」、「ベリーベリーグッド」とか、「エクセレント!!」とか、的確率が分かるような言葉で評価してくれます。

 

みんな、「ベリーベリーグッド」や「エクセレント!!」の賞賛がほしいがために、これまでの人生で培ってきたのであろう瞬発力、集中力、腹の底から捻出する声で、高評価を狙いにいきます。

 

 

言語学習は、正解が一つでないことが多いので、「子供かよ!」といった感じですが、「ベリーベリーグッド」とか「エクセレント」とか褒めてもらえると、めちゃめちゃ嬉しい。

 

 

でも、誤答した人がいても、「それは間違っているわ」とは決して言われない。

 

これは、「誰が一番早く答えられるか選手権」での闘争心を一層助長することとなる。

 

 

ちなみに、私が通っている大学では、授業の1コマが3時間あります。

 

はじめて時間割を見た時は、「なんだこの鬼スケジュールは。学校の授業と言えば1コマ50分が限界では?」と思いましたが、不思議とあっという間に1日が過ぎ去ります。

 

 

長々と授業を聞いてる方も普通なら疲れるけど(失礼)、途中休憩を挟むとはいえ、3時間も話し続ける先生の体力すごい。

 

 

余談ですが、1コマ目は朝の8時から始まるのですが、私以外の生徒は8時ちょうどにしか来ないから、毎回「教室ここで合ってんのかな」と無駄に不安にさせられる1週間でした。

 

私は、7時には教室について、朝食のパンをかじっていました。

早起きだってへっちゃらな日本人。

 

 

以上、いまだに雪がちらつき、時には爆冷風が吹き付け、まだまだ春は訪れそうにないカナダからお届けしました。

 

 

また更新させていただきます。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

【カナダ留学】21〜23日目:憧れの人と偶然にも三度遭遇する

みなさま こんにちは。

 

 

以前は1日1記事投稿していたブログも、まとめて数日分を集約する癖がついてしまった私です。

 

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

さて、前回は、「憧れのバスケ選手と2回も偶然すれ違ったのに、勇気の欠如で声をかけることができず激しく後悔した話」を記事にしました。

 

 

「昨日も一昨日もたまたま会えたのだから、今日も、もしかしたら再会できるのでは?」と調子に乗り始めた3日目は何も起こりませんでした。

 

 

それから、迎えた4日目。

 

いつものように図書館で勉強していて、ふと顔をあげると、斜め前の机にポツネンと放置されたスポーツバッグ。

 

そして、そのカバンの横にはバスケットシューズ。

 

 

「スポーツ選手が図書館にいるなんて珍しいこともあるんだな」と思いつつ(偏見)、「はぁ、ここで再び、憧れの選手が登場したら本当に奇跡やな〜、でも、あのシューズ履いてるところ見たことないし、違う人やろうな、さぁ、勉強に集中集中!!」と、教科書に目を移そうとした瞬間、カバンの持ち主登場。

 

 

まさかの憧れの人!!!!!!!!

 

なぜこんなところにいる(偏見)!!!!

 

こんなに良くできたシナリオ、見たことがない。

 

 

ただちに、「今日こそ話しかける!絶対!!」と強く決意。

 

 

ターゲットは席に戻ってきた後、ドーナッツを持って再び机を離れたので、「次に席に着いた瞬間に声をかけよう」と自分に言い聞かせました。

 

 

しかし。

 

15分経っても、30分経っても、45分経っても戻ってこない。

 

 

ついには3時間経過。

 

 

「どんだけゆっくりドーナッツ食べてるねん!!!!」

 

 

次の授業に向かう時間が迫っていたので、「今日はここまでか」と思い、一旦、お手洗いへ行こうとしたら、室内のパソコンで作業している選手を発見。

 

 

ここにいらっしゃいましたか!!!!

 

 

 

私にもう迷いはなかった。

 

運良く、たくさんパソコンが並ぶデスクの端に座っておられたので、隣の人に迷惑をかけることなく声をかけられそう。

 

イヤホンを耳にさしてたけど、片耳だけだったので、「勇気を振り絞って話かけた割に声が届いていなかった」などという虚しい状況になる心配もなし。

 

 

渾身の力を振り絞って、「ちょっとすみません、〇〇さんですか?お聞きしたいことがあるのですがよろしいですか?」と尋ねました。

 

そしたら、ものすごい笑顔で即座にイヤホンを外して「もちろんさ、どうしたの?」とリアクションしてくださりました!涙

 

 

「あなたのパフォーマンスにいつも感動していて、次の試合の予定を教えてほしくて声をかけました」と拙い英語で伝えたら、丁寧にスケジュールを教えてくれて、「どこから来たの?なんでカナダを選んだの?ホームシックになってない?」など、色々と聞いてくださり、見ず知らずの怪しい女と、私が想像していた10倍以上のボリュームの会話をしてくださりました。

 

 

挙句の果てに、連絡先を教えてくれて、今ではまさかのメル友です。

 

今まで経験した中で、一番と言っても過言ではないくらいアメイジングな経験です。

 

 

 

初日と二日目は何もできなかったけど、勇気を振り絞って行動して、本当に良かったです。

 

それと同時に、幾つもの奇跡の連続に感謝した1週間でした。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【カナダ留学】18〜20日目:憧れの人に会えたのに

みなさま こんにちは。

 

 

大学の授業が始まり、日常に活気を取り戻しつつある今日この頃です。

 

 

さて、私には今、猛烈にお話ししてみたいバスケ選手がいます。

 

相手はもちろん私の存在なんて知らないし、日常的に会える人でもありません。

 

 

「でも、もしかしたら会えるかも」と淡い期待を抱き、気の赴くまま流れに身を任せて歩いていたら、いきなり憧れの選手とすれ違いました!!

 

それなのに、まさかこんな即座に遭遇できるとは予期しておらず、幻かと思って固まってしまった。 

 

 

この日最大の後悔は、「もしも出会えた時に、まず何と話しかけるか」を考えていなかったこと。

 

 

正気を取り戻して、セリフを英語に変換した頃には、その人の背中ははるか彼方。

 

「いや、まだ姿は見えているから間に合う!追いかけよう!」と思いついて、追跡してみたけど(通称:ストーカー)、見失ってしまいました。

 

「ここで待っていれば、またすぐに戻ってくるかも!」と思って待ち伏せしてみたけど(通称:悪質なストーカー)、再会できず。

  

 

この瞬間の激しい喪失感は、筆舌に尽くしがたい。

 

 

相手も私も1人だったし、周りに人もいなくて、話しかけるには絶好のチャンスだったのに、勇気と自信がなくて、つかみきれず。

 

自責の念は、就寝時まで持続。

 

 

読者様の中に、会いたい人や憧れの人がいる方がいらっしゃるならば、「会った時に、なんと声をかけるか」をシュミレーションしておくことを激しくおすすめします。

 

 

「今後、二度と訪れないかもしれない大チャンスだったのに〜」と思いながら翌朝学校へ(まだ引きずってる)。

 

授業を受け、図書館で予習。

 

その後はジムへ。

 

ロッカーで鍵の解錠方法が分からず悪戦苦闘したがそれでもダメで泣きそうになり、近くのお姉さんに助けを求めたら、最終的にカウンターへ問い合わせるよう勧められる。

 

 

そして、カウンターで係の人と会話していたら、なんと、またしても憧れの人が!!!!

 

今まで言ったことないけど、サンクス ゴッド!!

ありがとうございます!神さま!!

 

 

ジムにバスケコートがあり、カウンターの方に吹っ飛んできたボールを回収しに来られた一瞬だけ、お目にかかれました!

 

さすがはスポーツ選手だけあって、動きに一切の無駄がなく、文字通り「一瞬」でした。

 

体感では1秒切っています。

 

でもまさか、こんなところで再び半径3メートル以内まで接近できるとは!!

 

 

この日もお話しできなかったとはいえ、自分の幸運に感謝しました。

 

 

もしも、図書館で「今日はここまでにしよう」と別のところで区切りをつけていたら。

 

もしも、ロッカーで鍵の解錠を早々に断念していたら。

 

もしも、助けを求めたお姉さんが塩対応で、会話がさっさと終了していたら。

 

もしも、カウンターの係の人に適当にあしらわれて、早期に帰路についていたら。

 

もしも、ボールが別の方向に吹っ飛んでいたら。

 

 

この日、お目にかかれることはなかったわけです。

 

 

結局、前日の悔いを挽回することはできなかったけど、なんだか満たされた気分になりました。

 

 

 

「2日も連続で会えるなんて、もしかしたら、今日も会えるんじゃ!?」と調子に乗り始めた3日目は、何も起こりませんでした。

 

 

でも、再び会うために、次回こそお話しできるように、今日できることを毎日続けたいと思います。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

【カナダ留学】17日目:海外の履歴書

みなさま こんにちは。

 

 

本日は、海外の履歴書についてお話ししたいと思います。

 

 

ホストシスターが履歴書見本をくれたのですが、それは、自分がこれまでに使用してきたものとは異なっていました。

 

 

まずは、紙質が上質!!

 

海外の履歴書全てに当てはまるかどうかは分かりませんが、私のシスターは、自分で文字情報を打ち込んだものを印刷屋さんで加工仕上げしていました。

 

縦型のラックに差し込んでも、「へニャッ」とならない厚紙のような、しっかりとした台紙。

 

 

そして、次に驚いたことは、「性別、生年月日、年齢、証明写真貼り付け欄がない」こと。

 

人種や経歴、容姿関係なく、「その人がいま現在、どのような能力を持っているのか?」だけに焦点が当てられていることが大変印象的でした。

 

もしも、企業から性別や年齢などの情報開示を求められたことを不快に思い、訴えたとしても十分に勝算があるらしい。

 

 

ちなみに、日本の履歴書は経歴を書くときに、小学校→中学校→高校→大学→就業歴の順だと思いますが、カナダでは昇降順が逆でした。

 

まず、トップに最新の職歴と、そこでの業績を記入。

 

その次に、大学でどのような研究をしたかを記述。

 

その後、高校→中学校→小学校と続きます。

 

 

ここからも、「過去は重要視せず、いま現在のスキルと将来の展望に注視」している様子がうかがえました。

 

 

逆に言うと、「自分が大学でどのような技能を得たのか?」「前職の経歴を今後、どのように活かしていけるのか?」を、きちんと言葉や数字で明記できる状態でないと、スッカスカの履歴書になってしまうということです。

 

 

こちらでは、ボランティアの経験値も日本より重要視されているようで、大学のオリエンテーション時に奉仕活動を激しく推奨されました。

 

 

「ただ授業を受けている」「ただ目の前のタスクをこなしている」だけでは、次には繋げられないな、と強く実感しました。

 

 

これは、日本でも海外でも同じですね。

 

 

1日1日を本当に大切にしなければ!!

また更新させていただきます。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com

 

 

 

【カナダ留学】16日目:ホームステイの注意点

みなさま こんにちは。

 

 

先日、大学の先輩から、ホームステイについて話を聞くことができたので、共有させていただきます。

 

 

4名ほどとお話しができたのですが、みなさん、「最初の数ヶ月間はホームステイで、そのあとはルームシェアに切り替えた」ということでした。

 

 

その主な理由として、「食事に関すること」が多かったです。

 

 

「食事が美味しくない」ということではなく、費用対効果の部分が大きいそうです。

 

ホームステイ先によって条件は異なると思いますが、私の学校のホームステイは、「3食込みなら1ヶ月:8万円」「食事なしなら1ヶ月:5万5千円」という契約でした。

 

つまり、ホームステイで「食事付き」を選んだ場合、単純計算で2万5千円を食費として支払っていることになります。

 

「食事なし」を選択した場合、外食をしたり、自分で材料を購入してキッチンで自炊する形になります。

 

 

一方、「食事付き」を選択すれば、ご飯を提供はしてもらえますが、朝食と昼食はほとんどパンやサンドイッチなどの「軽食」であるパターンも多いようです。

 

きっと文化の違いですね。

ビタミン、たんぱく質、食物繊維、非常に不足しがちです。

 

中には、夜ごはんでさえ、バカでかいジャガイモ一つにバターを添えて、とか、ソーセージ一本で、あとは食後にポップコーンとかポテトチップスだった、という強者もいました。

 

 

どの角度から検証しても、支払っている食費2万5千円に相当する食事が給仕されていませんね。

 

 

これは私も薄々感じ始めているところでした。

 

 

とはいえ、右も左も分からない状態で入国した私にとっては、ホームステイだからこそ安心できた部分や失敗せずに済んだ部分も多くありました。

 

一人暮らし、ルームシェア、学校の寮など選択肢はたくさんあるので、「滞在中、ずっとホームステイで過ごす」 or 「どこかのタイミングで住まいを切り替える」といった、「契約期間」のことも頭の片隅に置いて計画を立てると良いかもしれません。

 

 

ちなみに、「ホームステイは継続しつつ、契約の途中で食事つきから食事なしに切り替えたと」いう先輩もいらっしゃいました。

 

 

ホストファミリーは、「ビジネス(お金稼ぎ)」として生徒の受け入れをしている家庭も多いようで、「来月出て行きます」とか「食事なしに変更したいです」と申し出ると、それまでの親切な態度から、冷ための塩対応になることもあるそうで、あらかじめ心の準備が必要です。

 

 

また、一人暮らしや寮生活をしている人のお話を聞ける機会があれば、シェアさせていただきます。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com

【カナダ留学】15日目:おもしろい縁の繋がり方

みなさま こんにちは。

 

 

昨日は、男子バスケ(略して男バス)の試合を観にいきました。

 

もともとバスケ観戦が好きで、初登校日に吸い寄せられるようにして大学のコートへ行ってみたら、たまたま、その翌日からトーナメント戦があることを知って。

 

さらに、何かに導かれるようにして、目の前のドアを開けたら「今日はチケットが無料だよ!」と観戦権を獲得。

 

「ツテやアテがなくても、気になった場所には行ってみるもんだな」と思いました。

 

 

そして、そういうスポットでは、自分でも思いもかけず、物事がスムーズに進んだり自分にとって嬉しい展開を迎えたりするような気がします。

 

 

今回も試合会場で応援団をしていたアジア人がいて、「中国人か日本人かな〜」と思いながらやり過ごしていたら、その翌日に、だだっ広いキャンパス内で、その人と再会。

 

 

「昨日、体育館で見かけました!」と話しかけたら、バスケやスポーツマネージメントの話を聞くことができました。

 

 

あともう一つ。

 

 

木曜日に試合を見に行った時に、私的注目選手がいたんですよ。

他校の選手だったので、特に交流できるわけでもなく1日が終わりました。

 

そして、その翌日の金曜日。

 

昨日と同様に客席で観戦していると、例の注目選手が会場入り。

トーナメント戦なので、現在ゲームをしているチーム以外の選手は客席で待機することになっているのですが、彼がなんと、私のななめ後ろに着席。

 

 

おおお!!!!

 

 

ここで私が勇気ある女だったら、くるりと後ろを振り向き、

「昨日の試合、見ていたよ!!君のプレーは最高だ!!今日も頑張ってくれ!!シェイクハンズ!(握手)」

などと展開することができたでしょう。

 

しかしながら、勇ましさに欠ける私は、10分経っても30分経っても、後ろを振り返ることなく、粛々とゲーム観戦。

 

 

そうこうしているうちに、目の前の試合は終盤に差し掛かり、私の注目選手が所属するチームの仲間達が、ウォーミングアップに向かうためにガサゴソと動き始めました。

 

 

「今日も何も行動を起こせず、ここで終わりか」と思っていると、私の4列くらい後ろに座っていた彼のチームメイトが、移動する時に私の真横にリップクリームを落としました。

 

 

慌てて拾い上げて、「落としましたよ!」と渡そうとしたけど、さすがはスポーツ選手。

 

歩くの激早!!!!脚が長すぎて一歩の歩幅がめちゃめちゃでかい!!!!

 

私がリップクリームを拾って顔をあげた時には、もう10メートルくらい先に。

 

 

さらに、他のチームメイトもゾロゾロと後に続いていて、スッと間に入ることができず、「このリップクリームどうしよう、、」と思い、周りを見渡しかけたその時!!!!

 

 

斜め後ろに座っていた例の注目選手(まだ座っていた)が、「僕のチームメイトだから、あとで渡しておくよ!」と手を差し出してくれました。

 

 

おおおおお!!!!

 

 

つながった!!!!

 

 

大量の人がうごめく空間で、注目選手と私の人生が交わった!!!!

 

 

普通、私のななめ後ろにたまたま座る?

普通、チームメイトがたまたま私の横にリップクリーム落とす?

 

これは奇跡だ!

 

 

別にそこで何かに発展したというわけではありませんが、うまくいく時は自分でなんのアクションも起こさずとも、縁がスルスルと繋がっていくのが本当におもしろいです。

 

 

さあ、今日も自分の大学のチームの応援に行ってきます!

すごく機敏に動いて、シュートもスカッと決める見ていて気持ちの良い選手を発見したので要チェックです。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com