🍁社会人留学生が通訳になるまでの軌跡🍁

カナダに社会人留学中です* 現地での生活についてつづります。

【カナダ留学】49〜66日目:黒人差別はまだ続いていた

みなさま

 

こんにちは。

今ごろ日本はポカポカ陽気でしょうか?

お元気ですか?私は元気です。

 

 

こちらは大学の1セメスターが終了しまして、早朝からの授業および大量の宿題、からの幾度となく繰り返されるテストからようやく解放されました。

 

 

語学学校ではなく、現地のカナディアンが通う大学を選んでよかったと思えるのは、やはりネイティブとの出会いです。

 

 

先日、バスケ部の黒人選手とお話しをする機会がありました。

 

試合中の彼は、身体的にも精神的にも強く、大事な場面でのシュートを絶対に外さない、といった感じで、とにかくひときわ目立つ存在でした。

 

「きっと、幼い頃にマイケルジョーダンに憧れ、バスケを心から楽しみ続けて今に至るのだろうな」と私は想像した。

 

 

「強さの秘訣は何?どのようにしてここまでたどり着いたの?」と興味津々で聞いてみたら、「黒人差別を乗り越えた結果かな」という返答であった。

 

これは正直、予想外。

 

 

幼少期にバスケに興味を持って、チームに入れてもらおうとしたけど、肌の色が原因でそれがすぐには叶わなかったそう。

 

それから、来る日も来る日もスキルアップに励み、周囲とは一線を画する実力がついたところでようやく仲間に入れてもらえたそうな。

 

 

ちなみに、大学内のクラスでは唯一の黒人らしく、いまだに白人から無視されることもあるらしいです。

 

「バスケと出会っていなければ、今ごろ、どこでどうなっていたか分からない」という言葉が印象的でした。

 

 

将来はプロバスケ選手になりたいそうですが、カナダからは出たいと言っていました。

 

 

自分のことを知っている人がいないところで、新しい人生をスタートしたいんだって。

 

 

黒人差別なんて大昔の話だと思ってたけど、どうやらそうでもないみたいです。

 

 

私はまだ、アジア人差別らしきものを受けたことがないので、人種差別がどれほど深刻なのか実態がつかめません。

 

 

自然と、「黒人差別について、もっと学びたい」と思わせてくれる彼のストーリーでした。

 

彼の夢が叶って、今以上にたくさん笑える日が来ることを心の底から願っています。

 

 

私は私で、目の前のことを一生懸命鍛錬し、楽しみたいと思います。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com

【カナダ留学】48日目:防犯意識と、モーニングアフターピルを購入した話

みなさま こんにちは。

 

 

本日は、「自分の身は自分で守るしかない」というお話です。

 

最近、留学生が殺されただの、中国人大学生が拉致されただのと、物騒なニュースが目立ちます。

 

(特にアジア人はお金持ちだと思われがちなので、狙われやすいそうです)

 

 

一生懸命稼いだお金や、お給料で購入したものを盗まれたくないので、私は常にスリの目を気にしながら生きている。

 

 

具体的には、

・やむを得ない理由がない限り、夜遅くに出歩かない

・イヤホンを耳にさして音楽を聴きながら歩かない

・歩きスマホをしない

・お財布の出し入れを歩きながらしない

・ブランド品の所持は控える

などです。

 

音楽を聴いたり携帯を操作しながら歩かないのは、どうしても耳や目がそちらに気を取られてしまって、危険人物が背後に迫ってきても察知するのが遅れてしまうからです(あくまで、私の場合)。

 

視覚と聴覚を外に解放することができていれば、万が一の場合にも、これまでの人生で培ってきた反射神経をきっと活かせるはず。

 

そう信じてやみません。

 

 

お財布やスマホも、むやみに街中でカバンから出すと、一瞬の隙をついてひったくられると聞きます。

 

 

また、スリ対策ではありませんが、レイプ関係の事件も忘れてはいけません。

 

「おいおい、どんだけ自意識過剰やねん」と思われるかもしれませんが、私は、最悪の場合に備えてモーニングアフターピルを持っています。

 

別名:緊急避妊薬

ですね。

 

 

「避妊に失敗した」、「レイプ被害に遭ってしまった」といった際に緊急措置として使用される薬です。

 

性行為後、72時間以内の服用が有効です。

 

そう、時間との戦いなのです。

1分1秒でも迅速に。

 

 

こちらの避妊薬、日本では産婦人科で問診を受けた上で処方されるシステムで、なんと、1回分で約1万円という脅威のお値段です。

 

しかし、カナダでは処方箋なしで薬局で3,000円で購入することができました。

 

 

 

さすがに一般の陳列棚には並んでいなくて、薬局内の「薬剤師はここです」的なカウンターへ行って、「Do you have morning after pills?」と尋ねたら、サクっと商品を渡してくれました。

 

カナダでも日本同様、「モーニングアフターピル」で通じました。

 

商品名で言うなら、「Plan B」(プランビー)で伝わるはずです。

 

 

 

警戒しすぎも疲れるのですが、不快な思いはしたくないし、事件に巻き込まれたらその土地のことまで嫌いになってしまいそうなので、防犯意識は高くいたいです。

 

 

「海外だから」とか、「日本は安全だから」とか、そんな区別はなくて、どこにでも悪い人や変な人はいることを忘れずに生きていこうと思います。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com

 

 

【カナダ留学】46〜47日目:海外での携帯電話事情

みなさま こんにちは。

 

 

本日は海外での携帯事情についてシェアしたいと思います。

 

 

私は、最初の40日間は日本で解約した携帯をWi-Fi環境下のみで使用していました。

 

Wi-Fiにさえ接続できれば、グーグル検索やフェイスブック、インスタグラムはおろか、LINEも使えます。

 

空港や大学、カフェ、ホームステイ先など、Wi-Fiがビュンビュン飛んでいたので特に不都合はありませんでした。

 

 

ただ、街中を移動時(特に田舎)にとっさに調べ物をすることができないのと、そろそろ電話番号を入手したかったので、現地で新しいiPhoneを購入することにしました。

 

(SIMフリー携帯をお持ちの方は、SIMカードを現地購入すれば、一発解決です)

 

 

日本にいる頃から機種変更したかったのですが、カナダの方が本体価格が安いため、この瞬間を待ち望んでいました。

 

 

しかし、最後の詰めが甘い私は、税金を考慮に入れるのを忘れていた。

 

 

カナダは州によって異なるのですが、私が住んでいるオンタリオは税率13%。

 

税込価格にすると、結局、日本で買うのと同価格。

なんなら、日本で入手した方が安かったくらいです(小声)。

 

税金まじで盲点だったぜ!!

そろそろしっかりしてほしいぜ!!

 

 

でも、海外のiPhoneは、マナーモード設定するだけでカメラのシャッター音が完全に消えるんだよ!

 

日本のiPhoneは盗撮防止のためか、マナーモード中でも音が鳴りますよね?(そんなことなかったらごめんなさい)

 

 

無音カメラを手に入れた私は、

・おごそかな雰囲気のレストラン内で料理を撮る時

・スヤスヤ眠っている赤ちゃんをフレームにおさめる時

・「ここ、写真撮る場面じゃなくない?」と非難されそうな時

いついかなる場面でも、気まずい思いをせずにシャッターを切れる大人になることができました!!

 

 

これで、ただ単にスクリーンショットしただけなのに大きなシャッター音が鳴って、「やだ、あの人、こんなところで自撮り?プププ!笑」と勘違いされることもありません。

 

 

ちなみに、海外でSIMフリー携帯を購入する時は、「unlocked phone」と言うと、店員さんが「あ〜ハイハイ、SIMフリーのことね」みたいな顔で、サクっと在庫を持ってきてくれます。

 

SIMカードは電話と、テキストメール、4.5GBで1ヶ月3,500円のプランにしました。

 

 

それから、日本で解約した携帯でしばらく過ごす予定の方へお伝えしたいことがもう一つ。

 

解約する前に、「kakao talk」や「what's up」などのアカウント作成をされることをおすすめします。

 

なぜなら、カナダでできた友達と連絡を取るアプリが主に上記の2つなのですが、登録の際に電話番号によるショートメール認証が必要だからです。

 

 

私は、こちらに来てから登録しようとしたら、ショートメール認証ができなくて困りました。

 

 

「chihiroは、携帯電話持ってるのに、なんで電話番号がないの?」と、40日間、謎な女として大学に君臨していました。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com

 

【カナダ留学】31〜45日目:心の底からやりたいことが分からない時

みなさま こんにちは。

 

お久しぶりにもほどがあるほどお久しぶりです。

お元気でしたか?

 

 

中学生の頃に授業で習った、

グリーン先生「How are you?」(ご機嫌いかがですか?)

ケン「I'm fine, thank you. 」(元気です、ありがとうございます。)

ケン「How about you?」(あなたはいかがですか?)

グリーン先生「I'm good, thanks」(私もよ、ありがとう。)

 

という会話も、いざカナダに来てみると、

 

私「How are you?」(ご機嫌いかがですか?)

マイク先生「Good, you?」(元気さ!君は?)

私「Yeah, good, Thank you.」(私もです!ありがとうございます。)

 

と、「中学で学んだ会話は一体なんだったんだ」といった様相の今日この頃です。

 

 

 

「通訳になりたい!」と悩みに悩んで仕事をやめて留学してみたものの、たま〜に「本当にこの道で合ってるのかな?」と不安になることがあります。

 

「実は、もっと好きになれるものがあるんじゃないか?」とか、「通訳よりも向いている仕事があるんじゃないか?」とか。

 

ほんのりと、「本当の本当に心の底からやりたいことが分からない」状態です。

 

 

そんな時に思い出すラーメン話がある。

 

 

 

さて、ここでみなさんに質問です。

 

 

 

一番好きなラーメンは、何味ですか??

 

 

 

王道のしょうゆベース

さっぱりと塩スープ

コーンが山盛りの味噌味

カロリー爆弾のとんこつ

盲点をついて、つけ麺

トマトスープもお忘れなく

 

 

盛りだくさんですね。

 

決まりましたか?

 

みなさん、少なくとも、ひとつは心に浮かぶ味があると思います。

 

 

それって、過去に実際に食べたことがある味ですよね?

 

 

とんこつ味のラーメンを食べたことがないのに、「私は、とんこつラーメンが好きだ」と言う人はいないと思います。

 

 

裏を返せば、どのラーメンも食べたことがない人は、「一番好きなラーメンは、何味ですか?」と聞かれても答えることができません。

 

 

この現象を無理やり人生にあてはめて考えると、「心の底からやりたいことが分からない」のは、まだまだ「経験」が足りていないからかもしれません。

 

あれもやってこれもやってみて初めて、その中から自ずと、「これを極めてみたい」が出現するのかな、と。

 

 

しょうゆ味のラーメンしか食べたことがなければ、「しょうゆ味が好きです」となるでしょう。

 

塩味と味噌味しか食べたことがなければ「塩味(もしくは味噌味)が好きです」となるだろうけど、とんこつ味を食べてみたら、塩味(もしくは味噌味)を上回ってダントツでとんこつLOVEになるかもしれない。

 

あくまで、いま持っている選択肢の中で塩味(もしくは味噌味)がベストなだけであって、未来で交わるものの中に、更に熱狂できる事柄が潜んでいる可能性があります。

 

 

だから、とにかく今は、軸を持ちながらも手当たり次第に色々やってみようと思います。

 

あとは、小さなことでも、普段と違うことに挑戦してみること。

いつもは選ばないものをあえて食べてみるとか、新しいお店に行ってみるとかそんな些細なことでも良いかもしれません。

 

 

点をたくさん打てば、いつかそれが一本の線になるそうです。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com

【カナダ留学】26〜30日目:毎日の授業で嫌悪感を覚えること

みなさま こんにちは。

 

大学生活もあっという間に2週間が過ぎ去りました。

このタイミングで、「あること」が明らかになってまいりました。

 

 

 

「授業に遅刻してくる人、いつも同じヤツ」

 

 

 

この遅刻魔は中東エリア出身の男性なのですが、脚色や誇張なしで、リアルに毎日15分ほど遅れてくる。

 

そして、先生が熱心に解説中にも関わらず、「グッモーニング!!」と大声を張り上げて教室に入ってくる。

 

 

私ははっきり言って、この行為に嫌悪感を覚える(はっきり)。

 

 

すでに授業は始まっているのだから、進行を妨げないでほしい。

 

 

もしも私が遅刻した側の人間ならば、ドアの開閉は音を出さないように細心の注意を払うし、抜き足差し足忍び足級のサイレントモードで自席に向かうだろう。

 

もちろん、大声で挨拶したりもしない。

「寝坊しちゃいました、すみません」と目配せする程度で済ませるだろう。

 

なぜなら、それがきちんと定刻で行動している先生と他の生徒さんに対するマナーだと思っていたから。

 

 

また、この遅刻魔はテストの日でさえ、開始時刻になっても姿を現さない。

 

 

私は思った。

 

 

「はっはっは!今日も15分の遅刻ですか?そんなことじゃあ、解答時間が足りずに、最後まで問題が解けないんじゃないですか?テストで最低点数を記録して、日頃の怠惰を反省するがいい!!」

 

 

 

しかし、現実は異なっていた。

 

 

 

先生「告知していたテスト開始時間になりましたが、生徒が一人足りないようです。全員揃うまで待ちましょう。もしかしたらバスに乗り遅れたのかもしれません。」

 

 

 

はい????

 

パードゥン????

 

アーユー シリアス???

 

本気ですか???

 

全員揃うまで待つだと????

 

 

 

こっちは、雪でバスが遅れることをあらかじめ予測して、いつもより早く家を出てんだよ!

 

だいたい、いい年した大人が、たった15分ですら前倒し行動できないなんて、どんだけタイムマネージメント力不足なんだよ!!

 

遅刻魔よ!貴様は時計持ってんのか!!!!

 

なんでいつも平気で遅刻してくるやつのペースに合わせにゃならんのだ!!

 

憤慨!!

 

 

 

そして、時間にルーズな者へも優しい先生の恩恵を受けた遅刻魔は、みんなと同じタイミングで問題を解き始めることができ、余裕でテストに合格したのであった。

 

 

お前は一度、日本に来て、時間を守ることの大切さと、他人の時間を浪費することの罪深さを学べ!!!!

 

 

私はなんでこれほどまでに怒っているのか若干分からなくなってきましたが、あまりにも違和感があったので授業が終わった後に先生に尋ねてみた。

 

 

「遅れてくる生徒のペースに合わせるのが先生にとっては標準なんですか?ちなみにこれはクレームではなく、素朴な疑問です」と。

 

 

すると先生は以下のように答えた。

 

 

「君の気持ちは分かるよ。カナダもどちらかというと、アジア圏と同じように時間に厳しい方だからね。でも、このクラスはインターナショナルだから、いろんな国民性の生徒がいるんだ。時間遵守するようにしつけられてきた人間もいれば、そうでない人間もいる。それに、遅刻の理由は寝坊とは限らないしね。もしかしたら家の事情で、どうしてもその時間にしか家から出発できないのかもしれない。僕にとっても非常に難しい決断なんだよ。」

 

 

きっと、私が遅刻して、挨拶もせずにソロリソロリと無音で席に着いたら、奇妙に思う人もいるんだろうな。

 

 

異文化はおもしろさがあると共に、妙な気持ち悪さもあると感じた1週間でした。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

インスタグラムはこちら↓

www.instagram.com

【カナダ留学】24〜25日目:大学の授業の様子

みなさま こんにちは。

 

 

大学に通い始めて1週間が経過しました。

日本で授業を受けていた時とは異なる点がいくつかあるので、備忘録です。

 

 

まず、圧倒的に、板書時間が短いです!!

 

一応、教室に黒板ついてるけど、あまりにも使わなさすぎるため、ほとんどただの壁状態です。

 

 

その代わりに、先生がスクリーンに投影してくれた情報を見ながら、先生と生徒の会話で授業が進行します。

 

この方法だと、先生が黒板に文字を書くのを待つ時間が短縮されます。

 

一生懸命に板書をしている隙に先生が言った大切なことを聞き逃して、「ねぇねぇ、先生いま、なんて言った?」となることもありません。

 

ノートを取る作業がなくなると、聞くことと考えることに集中できるので、「今日も勉強したな」感(語彙力低)で満たされます。

 

 

また、特筆すべきは、生徒が発言する時は挙手制ではないこと。

 

最初の授業で、手を挙げて答えようとしたの日本人の私だけだった!!

いつだって律儀なジャパニーズ!!

 

 

アイデアが思い浮かんだ人からどんどん回答するシステムなので、みんな、1分1秒を争って「我先に」と発言します。

 

 

それから、生徒が回答した後の先生のリアクションも面白いです。

 

 

「グッド」、「ベリーグッド」、「ベリーベリーグッド」とか、「エクセレント!!」とか、的確率が分かるような言葉で評価してくれます。

 

みんな、「ベリーベリーグッド」や「エクセレント!!」の賞賛がほしいがために、これまでの人生で培ってきたのであろう瞬発力、集中力、腹の底から捻出する声で、高評価を狙いにいきます。

 

 

言語学習は、正解が一つでないことが多いので、「子供かよ!」といった感じですが、「ベリーベリーグッド」とか「エクセレント」とか褒めてもらえると、めちゃめちゃ嬉しい。

 

 

でも、誤答した人がいても、「それは間違っているわ」とは決して言われない。

 

これは、「誰が一番早く答えられるか選手権」での闘争心を一層助長することとなる。

 

 

ちなみに、私が通っている大学では、授業の1コマが3時間あります。

 

はじめて時間割を見た時は、「なんだこの鬼スケジュールは。学校の授業と言えば1コマ50分が限界では?」と思いましたが、不思議とあっという間に1日が過ぎ去ります。

 

 

長々と授業を聞いてる方も普通なら疲れるけど(失礼)、途中休憩を挟むとはいえ、3時間も話し続ける先生の体力すごい。

 

 

余談ですが、1コマ目は朝の8時から始まるのですが、私以外の生徒は8時ちょうどにしか来ないから、毎回「教室ここで合ってんのかな」と無駄に不安にさせられる1週間でした。

 

私は、7時には教室について、朝食のパンをかじっていました。

早起きだってへっちゃらな日本人。

 

 

以上、いまだに雪がちらつき、時には爆冷風が吹き付け、まだまだ春は訪れそうにないカナダからお届けしました。

 

 

また更新させていただきます。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

【カナダ留学】21〜23日目:憧れの人と偶然にも三度遭遇する

みなさま こんにちは。

 

 

以前は1日1記事投稿していたブログも、まとめて数日分を集約する癖がついてしまった私です。

 

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

さて、前回は、「憧れのバスケ選手と2回も偶然すれ違ったのに、勇気の欠如で声をかけることができず激しく後悔した話」を記事にしました。

 

 

「昨日も一昨日もたまたま会えたのだから、今日も、もしかしたら再会できるのでは?」と調子に乗り始めた3日目は何も起こりませんでした。

 

 

それから、迎えた4日目。

 

いつものように図書館で勉強していて、ふと顔をあげると、斜め前の机にポツネンと放置されたスポーツバッグ。

 

そして、そのカバンの横にはバスケットシューズ。

 

 

「スポーツ選手が図書館にいるなんて珍しいこともあるんだな」と思いつつ(偏見)、「はぁ、ここで再び、憧れの選手が登場したら本当に奇跡やな〜、でも、あのシューズ履いてるところ見たことないし、違う人やろうな、さぁ、勉強に集中集中!!」と、教科書に目を移そうとした瞬間、カバンの持ち主登場。

 

 

まさかの憧れの人!!!!!!!!

 

なぜこんなところにいる(偏見)!!!!

 

こんなに良くできたシナリオ、見たことがない。

 

 

ただちに、「今日こそ話しかける!絶対!!」と強く決意。

 

 

ターゲットは席に戻ってきた後、ドーナッツを持って再び机を離れたので、「次に席に着いた瞬間に声をかけよう」と自分に言い聞かせました。

 

 

しかし。

 

15分経っても、30分経っても、45分経っても戻ってこない。

 

 

ついには3時間経過。

 

 

「どんだけゆっくりドーナッツ食べてるねん!!!!」

 

 

次の授業に向かう時間が迫っていたので、「今日はここまでか」と思い、一旦、お手洗いへ行こうとしたら、室内のパソコンで作業している選手を発見。

 

 

ここにいらっしゃいましたか!!!!

 

 

 

私にもう迷いはなかった。

 

運良く、たくさんパソコンが並ぶデスクの端に座っておられたので、隣の人に迷惑をかけることなく声をかけられそう。

 

イヤホンを耳にさしてたけど、片耳だけだったので、「勇気を振り絞って話かけた割に声が届いていなかった」などという虚しい状況になる心配もなし。

 

 

渾身の力を振り絞って、「ちょっとすみません、〇〇さんですか?お聞きしたいことがあるのですがよろしいですか?」と尋ねました。

 

そしたら、ものすごい笑顔で即座にイヤホンを外して「もちろんさ、どうしたの?」とリアクションしてくださりました!涙

 

 

「あなたのパフォーマンスにいつも感動していて、次の試合の予定を教えてほしくて声をかけました」と拙い英語で伝えたら、丁寧にスケジュールを教えてくれて、「どこから来たの?なんでカナダを選んだの?ホームシックになってない?」など、色々と聞いてくださり、見ず知らずの怪しい女と、私が想像していた10倍以上のボリュームの会話をしてくださりました。

 

 

挙句の果てに、連絡先を教えてくれて、今ではまさかのメル友です。

 

今まで経験した中で、一番と言っても過言ではないくらいアメイジングな経験です。

 

 

 

初日と二日目は何もできなかったけど、勇気を振り絞って行動して、本当に良かったです。

 

それと同時に、幾つもの奇跡の連続に感謝した1週間でした。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!