🍁社会人留学生が通訳になるまでの軌跡🍁

カナダに社会人留学中です* 現地での生活についてつづります。

【カナダワーホリ】360〜365日目:自己肯定感が上がった海外生活

ごきげんようでございます。

 

日本を出て、本日でちょうど1年が経ちました。

 

海外に住んで、「私、少しは変われたかな」と実感していることは、自己肯定や自己評価についてです。

 

私は昔から自尊心がものすごく低くて、言葉を発する度に、語尾に「すみません」をつけていたような人間でした。

 

周りに人に何かしてもらったら、「ありがとうございます、すみません」

友人から贈り物をもらったら、「えー、ごめんなー、ありがとう」

初対面の方に容姿をほめてもらったら、「気を使わせてしまって、すみません」

 

もう、そのうち、「おはようございます、すみません」、「やっほー、ごめんなー」とか言い出すんじゃないかという有様。

 

そんな調子だったので、カナダに住み始めた当初も、「私は英語が全然話せなくて、、ごめんなさい」と一言添えつつ、クラスメイトや街の人々(誰)と会話をしていました。

 

「英語が話せない」と言っても、日本を出る前から英会話教室に2年ほど通っていたし、文法も重視する真面目な勤勉タイプなので、大目に見ると、すでにそこそこは話せていたんです。

でもまぁ、謙遜ですね。

あとは、繰り返すようですが、純粋に己の過小評価です。

 

一方、他国からやってきたクラスメイト達って、全く自分のことを下げないんです。

 

どの角度から考察しても、発音汚いし、文法もぐちゃぐちゃなのに(失礼)、絶対に、「つたない私の英語で恐縮です」のオーラを出さない。

 

むしろ、発音が汚すぎて聞き取れず、「ちょ、ごめん、もう一回言って?」と聞き返したら、「は?なんで聞き取れへんねん!やれやれだぜ!」みたいな顔される。

 

自信ありすぎぃぃいぃいいいい!!!!

きぃぃいいいいいぃ!!!!

 

あとは、小さい女の子に、「あら、あなた、かわいいね〜」と言うと、絶対、

「I know 〜!!!!」「もちろんよ〜!!」

と、ものすごく自信たっぷりなリアクションされます。

 

(内心)もしも彼女が同じ幼稚園の仲間だったら友達になれないタイプだ(根暗な性格)

 

側にいる親も、「いえいえ、うちの子なんて」などと、自分の子供を卑下するようなことはなく、「そうでしょう、そうでしょう」と、ご納得されている様子。

 

大人でも子供でも、賞賛されたら、「ありがとう」って必ず素直に受け止めます。

そして、他人のことも、とにかくよく褒める。

 

そんな人々を見ていると、「別に、何が優れてるとか劣っているとかなくて、自分が納得できるように生きていたら、それだけでいいんやな」って自然と思えます。

 

海外生活、辛いことや考えさせられたことも多くあります。

でも、「なんか、楽だな〜」とゆるく生きられる部分もあって、それは、「自分は自分でいい」空気感が影響しているのだと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 noteの方が読みやすい読者様はコチラ/サポートもお待ちしています↓

note.com

【カナダワーホリ】359日目:日本と北米のホームレスの違い

みなさま

 

ごきげんようでございます。

 

 

カナダで経験したカルチャーショックは数知れず。

 

中でも、最初に度肝を抜かれたのは、「カナダのホームレス事情」です。

 

日本とは異なる彼らの様子に驚き、ちょっと怖いような、でも恐いもの見たさもあったり。

 

 

そこで今回は、北米(カナダとニューヨーク)のホームレスの様子をお届けしてまいります。

 

 

 

そもそも、日本のホームレスといえば、公園や人通りがそれほど多くない道端にただ静かに座っていたり寝転んでいたり。

 

たまに空き缶や古紙を回収したり。

 

そんなイメージでした。

 

 

 

一方、北米のホームレスは、、

 

 

①電車の中で現金を乞う

 

はい。電車に乗っていると、たまに現金を乞われます。

彼らは紙コップを持ち、乗客一人一人に「お金をください」と尋ね回ります。

その姿は、検札に精を出す車掌さながらですが、ホームレスです。

ちなみに私は、乞われても「現金を持っていません」と断ります(塩対応)。

 

 

②ドアを開けてくれている with 紙コップ

 

はい。「仕事は自分で見つける」という高い志のホームレスがこちらです。

彼らは駅やショッピングセンターの入り口で、ドアマンのように扉を開けてスタンバイ。

片手には、 現金収集用の紙コップ。

そのドアを通ろうものなら、「タダでは通過させないよ?」という無言の圧力を感じます。

ちなみに私は、その隣の閉ざされた扉を自力で開けて見て見ぬ振りをします(塩対応)。

 

 

③物乞い at レストラン

 

まるで一般客のようにサラッと入店。

そこで、「私は金がない!何か食べ物をくれ!」と大声で物乞い。

結果、レストランのオーナーが施しをしたり、「彼に食べ物を!お代は私につけてちょうだい!」という親切なご婦人が現れたりします(私とは大違い)。

 

 

④ホームレスじゃないホームレス

 

日本と比較すると、「ホームレスを支援してあげよう」という市民が多い印象です。

なので、比較的、お金や食べ物を安易にゲットできます。

そこで、「ホームレスを生業」にする不届き者が出現し始めます。

彼らは家があるにも関わらず、ホームレスになりきり、人々から施しを受け、それをその日の儲けとして自宅に帰っていくのです。

 

 

 

 

とにかく積極的な印象です、北米のホームレスって。

 

「お金くれ!食べ物くれ!」って、当然の権利のように主張してきます。

 

そして、ドラッグ中毒で家を失った人が一定数いるので、見た目が異常者っぽくて、ちょっと怖い。

 

 

先日、良かれと思って電車の回数券を施した市民がいたのですが、「回数券はいらん!金か食べ物だ!」と贅沢なことを言うホームレスも見かけたことがあります。

 

わがまま言うなぁあぁぁ〜!!!!

 

 

乞われる側も乞われる側で、食べ残しではなく、わざわざホームレスのために買ってきたものを手渡ししている市民を目撃したこともあります。

 

親切ですねぇ〜。

 

私はまだまだ、そんなことはできそうにありません。

 

 

カルチャーショックについては、また別記事でもご紹介させていただきます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 noteの方が読みやすい読者様はコチラ/サポートもお待ちしています↓

note.com

 

 

 

 

【カナダワーホリ】354〜358日目:出勤初日だろうがなんだろうがプロはプロ

みなさま

 

ごきげんようでございます。

 

 

そういえば、カナダに来てから、飲食店などで「トレーニング中」とか「研修中」などというプレートを胸につけた店員さんを見かけたことがありません。

 

 

日本にいた頃は、コンビニやレストランなんかでは頻出で、慣れない業務にあたふたしている新入りさんを生あたたかい目で見ながら、心の中で「がんばれよ」とエールを送ったりしたものです。

 

逆に自分が新参者の場合は、「私、初心者ですからお手柔らかにお願いします」と、免罪符のような役割を持つそのプレートを、ありがたいような恥ずかしいような複雑な気持ちで胸に装着したものです。

 

 

ところが、カナダでは、誇張表現や脚色なしで、初心者マークをつけた店員さんに接客されたことがありません。

 

 

雇われの身である人々は、出勤初日から、「さぁ、行ってこい!」と、即、戦地へ送り込まれます。

 

 

装備は一丁前だけど、戦術などは一切知らぬ戦士の気分(別名 体当たり芸)です。

「とにかくやってみよう」の精神です。

すぐに死ぬやつです。

 

 

 

私は、カナダの飲食店で働き始めてまぁまぁ序盤で、お客さんの机の上で水が並々入ったコップを倒してしまい、テーブルクロスを水浸しにしてしまいました。

 

周囲の人々はさぞかし驚いたことでしょう。

 

私、見た目はそこそこのいい大人ですし、身長も高いので割と堂々としているように見られることが多いんですね。

 

せめて、初心者マークでもついていれば納得の失態ですが、一見、キャリアがありそうに見えるのに、そんな凡ミスをされると興ざめってもんです。

 

 

なぜ、北米では初心者マークの着用がないのかと言いますと。

 

出勤初日だろうがなんだろうが、雇われ主からもお客さんからも、現場に立つからには「プロであること」を期待されているんですよね。

 

このシステム、責任感が非常に鍛えられます。

 

 

契約形態としては「パートタイム」という名称なのですが、日本で経験したアルバイトとは随分、勝手が違っていて、最初はとても戸惑いました。

 

 

お金をもらう以上、ただの作業要員ではなく、お店に利益を残さないといけなくて。

 

「自分の仕事はここまでだ」と思っていても、求められているのはさらに上のレベルだったり。

 

「シフト希望」や「休み希望」を出すようでは、まだまだプロとしては甘い感覚で。

 

 

 

カナダに来てから、どこへ行っても、「この人は社員で、こっちの人はアルバイトなんだろうな〜」という見分けがつきにくくなりました。

 

とにかく、どの人も毅然とした態度で、圧が強めです。

 

弱々しい態度では、すぐにクビを切られます。

もはや、採用面接を通過することすら難しいです。

 

 

不思議なもので、「プロらしく見えるように振舞ってみよう」と意識していると、仕事もウンとやりやすくなります。

 

 

日本でも最近では、初心者マークの装着は減りつつあるのでしょうか。

 

ご存知の方がいらっしゃれば、是非、コメント欄ででも教えてください〜!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 noteの方が読みやすい読者様はコチラ/サポートもお待ちしています↓

note.com

 

【カナダワーホリ】351〜353日目:ジャパレスのお客さんってどんな感じ?

みなさま

 

ごきげんようでございます。

 

 

本日は、「ジャパニーズレストランで接客をしてみて、実際のところどうなのか?」という疑問に迫っていきましょう。

 

「どうなのか?」と急に言われましても、「ねぇ?」といった感じですので、「どんなお客さんが来店するのか」を軸にシェアしてまいります!

 

 

まず、基本的に、私が働いているお店は心根の優しいお客さんばかりです。

 

客層は、英語話者のアジア人7割、白人3割というところでしょうか。

黒人さんは1ヶ月に一回見るかどうか?程度です。

 

 

さて。お客さんがどんな風に優しいかと申しますと。

 

私のたどたどしい英語でも、伝えようとしていることを必死に理解してくれようとします。

 

「はぁ?」という顔をされたり、「英語話せるやつ連れてこい!このクソガキが!」なんて怒鳴られたことはありません。

 

 

逆に、私がお客さんの言葉を理解できずに聞き返してしまっても、「あ、ごめんごめん」と、まるで自身に非があったかのような態度で言い直してくれます。

 

間違っても、「いいか!耳の穴かっぽじってよーく聞け!分かったか!」なんて暴言を吐く人もいません。

 

 

私の勤務先はダウンタウンなどのアクセスが良い場所にあるわけではないので、ふらっと立ち寄ったというより、「よーし!今日は、あの店へ行くぞー!おー!」といった確固たる意思で来店するお客さんが多いです。

 

それが意味するところはつまり、「日本食(または日本文化)好きガチ勢」ということになります。

 

 

「日本に行ったことある?」と聞くと、もう99%くらいの確率で「いぇぇーーす!!」と返答があります。

 

さらに、彼らの想い出話はとどまることを知りません。

 

「ほら、あの白い壁のお城に行ったよ!名前なんだっけ?」

「あの、東京の隣の県はなんだったかな?そこが気に入ったよ!」

「築地市場って潰れたんだっけ?ただの移転だっけ?」

「ワンピースでもなくて、ナルトでもなくて、あ〜あのアニメだよ!!なんだっけ?」

など、みんな興味津々です。

 

日本史、地理、現代社会にうとい私に聞かないでくれ!!(日本の恥)

 

 

一方、変な客もたまに現れます。

 

 

・12人で団体予約したにも関わらず、キャンセルの電話もなくNo showな客

 

・「手術をしたばかりでお金がないから、サーモンをくれ」と、贅沢にもサーモン指定な物乞い客

 

・持ち帰りの電話注文で、カリフォルニアロール、ドラゴンロール、アボカド巻きをリクエストし、私が「お会計は41ドルになります☆」と伝えた瞬間、電話を切る客

(私の時間を返せ、「予算が合わないのでまた次回」くらい言ってくれ)

 

・お酒の一升瓶やケーキを持ち込んで、勝手に広げて宴会を始める客

(店のメニューから頼んでくれ)

 

 

前回の記事でもチラッとお話しした通り、お客さんからナメられると、上記のような行動を取られる可能性が高いです。

 

「変な客」と言いつつ、自分にも責任があるわけです。

 

 

自分がお客さんをしっかりとコントロール(「あの日本人を怒らせたらダメだ」と思わせることが)できていれば、そんな失礼な態度を取られることはありません。

 

 

こちらが主導権を握ることができた時、お客さんはどうなるか。

 

お勧めしたメニューをそっくりそのまま注文してくれます。

 

私が忙しそうにしていたら、他のテーブルがひと段落するまで、自分たちのお会計や追加注文は黙って待っていてくれます。

 

 

前職でも同様でしたが、「自分で回せている感覚」が実感できるようになると、仕事って本当に楽しいですね。

 

ワーホリ中の仕事話は、また別記事でもご紹介します。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 noteの方が読みやすい読者様はコチラ/サポートもお待ちしています↓

note.com

 

 

【カナダワーホリ】348〜350日目:遠慮や謙遜は禁物!特にビジネスシーンでは。

みなさま

 

ごきげんようでございます。

 

 

本日は、「海外の(特に)ビジネスシーンでは、遠慮や謙遜は控えよう!」について語る回でございます。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

日本にいた頃の私と言えば、謙遜に毛が生えたような人間でした。

 

相手に褒められたり、何かプレゼントをもらったりしても、「自分にはそんな言葉や物を受け取る価値がないんじゃないか」と考えてしまっていました。

 

そして、「お世辞はやめてください〜」とか、「いやいやいやいや!そんなの、もらえません〜!お気持ちだけいただいておきます!」などが口癖で、与えられた言葉や金目の品物、全てをはね返しておりました。

 

なんと与え甲斐のない女でしょうか。

 

 

日本では、限度はあれど、ある程度の「遠慮や謙遜は美徳」とされていますよね。

 

 

ところが、海外(特に実力主義が色濃い国)では、それらの習慣は「能力がない人の証し」であり、「ナメられる対象」となってしまいます。

 

 

例えば、仕事の外回り中、訪問先で「コーヒーでもいかがですか?」と、お茶を勧められるとします。

 

そこで、「いえいえ、お構いなく」などと口にした日には、「私は、お茶をもらえるような能力ある人間ではありません〜私はポンコツのぺーぺー社員なんです〜」といった意味になってしまいます。

 

 

なんということでしょうか。

恐ろしい変換方程式です。

 

 

ということなので、ドリンクを勧められた際は、背筋をピンと伸ばし、「ぜひともいただきましょう。さぁ!配膳したまえ!」の勢いで腹の底から大きな声で「いぇす!プリーズ!」と言いましょう。

 

これは海外に限らず、お茶を提供する側からすると、良かれと思って提案しているのだから、「おぉ、、せっしゃ、喉がカラカラにてそうろう、、命の恩人よ、、」くらいありがたがられた方が、出し甲斐があるってもんですよね。

 

せっかく相手の喜ぶ顔を想像しながら選んだプレゼントも、「えぇ〜そんなことしてくれなくていいのに〜」なんてリアクションだったら、ガクッ!(膝から崩れ落ちる音)ですよね。

 

 

北米では、レストランなんかでも、自信なさげなオーラで入店した日には、お手洗いや出入り口付近の席に案内されたり、接客を後回しにされたりします。

 

「このヒョロヒョロのアジア人は、滅多なことでは文句は言わないだろう」とナメられたら、ジ・エンド、終わりです。

 

 

 

でも、この実力主義社会は、気に入っている側面もあります。

 

私も日常生活の中で、普段は時給1,300円のところ、いつもより良い働きができた時は1,600円に引き上げてもらえたりするんですね。

 

昔の私だったら、他の同僚より突き抜けたりしたら「なんか悪口を言われるんじゃないかな?」という思いから、目立たないようにしていたと思います。

 

そして、そういう時に、「いえいえ、他の人も同じようにがんばってますし、私だけそんな特別扱いをしてもらうわけにはいきません」という遠慮が出ます。

 

 

でも、カナダでは、自信がある人、積極的に実力をアピールできる人が活躍できます。

 

だから、成果を評価してもらえると、「ありがとうございます、いただけるものはいただきます!よし、もっとがんばるぞ!」とますます、仕事に前向きになれます。

 

 

褒めてもらった時、なにかを提供してもらった時は、素直に「ありがとうございます!これからもがんばります!」と受け取るのが、お互いに気持ちよく過ごせる気がします。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

【カナダワーホリ】347日目:30歳でのワーホリは遅すぎる?

みなさま

 

 

ごきげんようでございます。

 

 

本日は、「ワーホリや留学をするのに遅すぎるということはない!」をテーマに語らせていただきます。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

私はワーホリを実現するまでに、かれこれ4年近く悩んだのですが、その理由の一つとして自分自身の「年齢」のことがありました。

 

海外で英語を勉強したいと考え出したのは、20代後半になってからでした。

 

キャリア系女子の20代後半といえば、仕事がある程度、自分の裁量でできるようになり、働くことを楽しめるようになってくる頃ではないでしょうか(諸説あり)。

 

また、入社当初は500円ランチだったものが、いつのまにか1,000円ランチに昇格していたりもするでしょう(個人談)。

 

 

そこで、以下のような考えが私の脳裏をよぎります。

 

 

「あれ?ここで仕事辞めたら、もったいなくない?」

 

「せっかく何年もコツコツ努力して、それなりのポジションにたどり着けた。年収もグンと上がったのに、それを手放すなんて、愚か者では?」

 

「そもそも、大学生じゃあるまいし、今さら新しいことを始めるなんて遅いのでは?帰国後の再就職どうしよう。」

 

と。

 

 

ところがどっこいです!

 

 

実際にカナダに来てから出会った人は、自分のように社会人経験がある人ばかり(もちろん、大学生もいます)。

 

 

元看護師、キャビンアテンダント、薬剤師、教師、エンジニア、ホテルのコンシェルジュ、女優、挙げ句の果てには、結婚して子供がいる女性まで、本当に様々なキャリアの人々に巡り合いました。

 

学生ビザでの滞在者まで範囲を広げると、30歳以上の方もザラにいます。

 

これは非日本人に多いのですが、「家族留学」という形で、旦那さんやお子さんと共に空をひとっ飛びし、カナダで子育てをすることを選んだ女性も。

 

本当に、色々な形のキャリアチェンジがあるのだと実感しました。

 

 

また、キャリア系20代女子の強みとして、「金はある」ことが挙げられます。

 

一部のワーホリ陣が帰国を早める理由に、「もう、帰りの飛行機代くらいしかお金がないので、日本に戻ります」というケースがあります。

 

「金が底をつきた問題」が頻発しすぎて、耳タコです。

 

 

一方、キャリア系は、1年くらいなら働かなくても、そこそこの生活ができるくらいの貯金はあります。

 

経済面で必死にならずに優雅な留学生活を送ることができるのは、実は精神的にも大きな好影響があったりします。

 

 

そして、日本での社会人経験の中で少々のトラブルは経験•対処済みなので、留学中に起きるあれやこれやに、それなりに臨機応変に対応できる能力が備わっています。

 

 

私は学生時代の留学は経験がありませんし、「何事も早いに越したことはない」のも事実だと思います。

 

「社会人経験を経てからのワーホリの方が断然いい!」と極端なことを言いたいわけではなく、「社会人経験者には社会人経験者の強みがある」ことをお伝えしたいのです。

 

 

くどいようですが、私はずっと、「仕事辞めたらもったいないかな〜」と思っていたのですが、社会人経験があることに加えて英語を話せるようになったことで、今年の夏に、(自分の中では)かなり大きい仕事をいただけることになりました。

 

一時的なマイナス(に見えるようなこと)は、努力次第で、あとから必ず回収できます!

 

場合によっては、何倍にも良い形になって戻ってきます。

 

 

人生100年時代と言いますし、その中の数年間くらいは、年齢のことは深く考えすぎず前向きに、新しいことに挑戦してみるのも良いかもしれません。

 

うんうん。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

【カナダワーホリ】346日目:自分の特技や長所が分からない人へ

みなさま

 

ごきげんようでございます。

 

「なんか特技あるー?」と聞かれたら、「んー、しいて言うならバク転かな?」と答えてみたい私です。

 

 

さて。本日はそんな感じで、「自分の特技や長所が分からない!知りたい!」という方々に届けたいメッセージです。

 

まずは、誰にでも!どんな人にでも!「その人ならではの得意がある」ことをお伝えしたいです。

 

次に、その得意分野は、自分自身では気がつきにくくて、周囲から教えてもらって初めて、「あれ?私ってもしかして、これは人よりうまくできてるのかな?」と徐々に自覚し始めるものかもしれません。

 

 

私は、いまでこそ、翻訳家やライターとして仕事をいただいていますが、自分が「言葉を仕事に」できるとは、みじんも考えていませんでした。

 

なぜなら、「自分は書くことが得意である」という意識が全くなかったからです。

 

では、どうして今の仕事にたどり着いたかと言うと、周りの人から褒めてもらったことで、「あれ?もしかして私、少しだけ文才があるのかな?」と思うに至ったからです。

 

 

はじめは、趣味で続けていたブログやSNSの投稿。

 

複数の友人から、「いつも文章めっちゃおもしろいわー!」というコメントをもらっていました。

 

しかし、少々のことではうぬぼれたりしない私は、その言葉をありがたく、嬉しく思いつつも、それが特別なことだとは思っていませんでした。

 

すると今度は、当時勤務していた会社の取引先の方や上司から、「いつもメールでの言葉遣いが素敵で、感心させられます。」と言っていただけるようになりました。

 

それでも、しっかりと地に足がついている私は、「そっかそっか、私は正しい日本語が使えているんだな、めでたしめでたし。」と、まだまだ言葉を仕事にできるとは考えません。

 

そうこうしているうちに、趣味で続けていたブログやSNSの登録読者様数が200、300、400と増えていきました。

 

特にブログは、知人には宣伝していないものだったので、見ず知らずの何百人という方々がファンになって下さり、「あれ?もしかしてこれは、可能性ありのサインでは??」と薄らぼんやりと感じ始めました。

 

 

そして、元々、書くことは好きだったので、実力試しにライターの採用試験を受けてみると、あっさりと合格。

 

 

周囲からほめられている間は、「お世辞かな〜」とか、「気を使わせてしまって申し訳ないな〜」などと考える程度にはネガティブだったので、その気になることは全くありませんでした。

 

いまでは、「みんなからの称賛の言葉を、もっと素直を受け止めておけば、もう少し早い段階からスタートダッシュを切れたのにな〜」なんて考えるほどには

気が大きくなっております。

 

 

「書くことは好き」というポイントに焦点を当てると、「自分の得意」に気がつけるチャンスは他にもありました。

 

 

小学生や中学生の頃、学校の授業で作文や論文を書く時間が設けられていました。

 

私は、原稿用紙を前に鉛筆を握ると、スラスラと呼吸するように次々と言葉があふれ出てくるのですが、今思い返してみると、隣の席の子や周りの子は、全然ペンが進まず、困惑顔だったんですね。

 

でも、当時は、自分にとっては文章が書けるのが当たり前のことすぎて、「みんな同じようにできるもの」だと思い込んでいました。

 

 

そうそう、「他の人よりもちょっとだけ余裕でできてしまうことが何か」を見つけることも、「自分の得意」を探し当てるヒントになります。

 

周りからの声に素直に耳を傾けてみること、他の人よりも楽にこなせてしまうことを掘り下げてみると、なにかいいことがあるかもしれません。

 

やっぱり、自分が好きなことや得意なことを仕事にできるって楽しいです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。